HONDAの挑戦

去年から気になっている車がある。「HONDAFIT3HYBRID」である。トヨタのプリウス・アクアに対抗すべく投入されたこの車は、発売後にプリウス・アクアを抜き、販売台数ランキング1位となった。ハイブリッド車であることと各社の燃費競走に対抗した性能であることから、その燃費性能にばかり注目が集まるが、私がフィットハイブリッドが気になる理由は燃費性能ではない。

私の気になるものはズバリ「DCT」である。DCTは「DualClutchTransmission」の略で、元はレーシングカーにおいて変速時のロスを軽減するために開発された技術である。フェラーリ、ポルシェ、アウディやBMWなど欧州の名だたるメーカーのスポーツモデルを中心に搭載されている。CVTが主流になりつつある国内市場の、しかもスポーツモデルではなく普及帯であるコンパクトカーにDCTを投入するというホンダの挑戦に気概を感じたのだ。

残念ながら、発売後すぐに制御プログラムに不具合が見つかり、リコールとなってしまったが、対応も迅速であったしそこまで問題視はしていない。国内のライバルであるトヨタ、日産に対して燃費面以外で、明確に違うコンセプトを提示したホンダがコンシューマからどのような評価を受けるのか。各社の動向からこれからも目が離せない。

ホンダのフリードで家族旅行に行ってきました

先日、家族旅行で遠出をしました。乗っていった車はホンダのフリードです。まさしくTHIS IS 最高にちょうどいいホンダ!です。意外と狭いところも楽にいけるんですよ。京都に行ってきましたが、京都って結構狭い道が多いですよね。そんな京都でもスイスイ進める車。それがフリードです。途中で縦列駐車を行う場面もありましたが、縦寸も短いので、思ったよりも楽に駐車することができました。

そんなコンパクトに見えるフリードですが意外と室内って広いんです。後部座席も折りたたむことができ、引越しのときに冷蔵庫も運ぶことができるんです。便利ですよね〜。また、乗り心地もよく高速道路でも快適です。また追い越しも意外と楽です。最近、街中でよく見かけますが乗ってらっしゃる方はやっぱりファミリー層が多いです。本当にちょうどいいんですよねフリードって。

今のフリードは現在で9年目となっていますが、しっかりと掃除をしていたからか、とっても綺麗な状態です。外見ももちろん綺麗ですよ。この車は家族といろいろ思い出のある車なんで、徹底的に乗り潰したいと思います。来週は四国に旅行にでも行ってきます。毎週毎週次の旅行計画を立てるのが仕方ありませんが、そんな私の喜びを見出してくれたフリードに感謝しています。

Powered by Wordpress. Redesign Theme by Robert Toth